FC2ブログ
栗の渋皮煮
2019-10-07 栗の渋皮煮

10月になっても、都内では30℃越えしたり、かと思ったら例年並みまで気温が下がったり・・・。最近まで暑かったせいか秋っていう実感はあまりないですが、今年もこの時期になりました。ここ数年は仕事が忙しくて作れなかったけど、今年は作れて良かった(*´∀`人 ♪旬の栗を使った、渋皮煮です出回る時期が短いので、今年こそは絶対作りたいと思っていた秋の味覚このためにぷっくりした栗を1kg程買いました!

渋皮煮は、まず鬼皮をむいて(ここが1番力を使うし時間もかかる・・・。)、3回ゆでこぼしてあく抜きし、余分な筋や渋皮を取り除きながらゆっくり仕上げていきます。渋皮が取れたら、砂糖を煮溶かし、なじませたら完成。

文字で書くと簡単そうですが、鬼皮をむくのにもゆでこぼすにも結構時間がかかるので、渋皮煮を作る日は1日中キッチンに立ちっぱなしです。でも、時間と手間をかけて作ったからこそ、できあがった瞬間はほっこりと幸せな気持ちになりますね

2019-10-07 栗の渋皮煮①

大粒の栗はほくほくとした食感で、渋皮の違和感もなく、上品で豊かな風味に仕上がりました。時間をかけて丁寧に煮たことで、甘みが中まで染みこみ、ほくほくながらもしっとりとした食感になっています。

渋皮煮があれば、パウンドケーキにしたりタルトに入れたり、トッピングとして使ったり・・・。当分の間、色々楽しめそうです(* ´ ▽ ` *)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*


先週の土曜日、いつもお世話になっている鶴ちゃんを誘ってフレンチのレストランへ行ってきました。原宿にある、KEISUKE MATUSHIMAというレストランです。

まずは、シャンパンで乾杯。大きな窓から外光が差し込んで気持ちいい~

2019-10-05 KEISUKE MATUSHIMA

2019-10-07 KEISUKE MATUSHIMA①

左上から、
前菜前の小さな前菜、黒ごまとブラックオリーブのマカロン、イワシとパプリカのフィンガーフード
トマトを使った味覚チェック
ミネストローネ
前菜、セップ茸のパッケリ フリカッセとサバイヨン

2019-10-07 KEISUKE MATUSHIMA②

メイン、鴨のパイ包み 栗のピューレ ピエモンテ産ヘーゼルナッツのエミュルジョン マサラ酒のソース。

デザート、ビチェリン チョコとエスプレッソのエスプーマ コーヒージュレ カルダモン風味のエミュルジョン ヘーゼルナッツのクランブル カカオニブのアイス。

コーヒーと小菓子、栗のマカロン、オレンジのギモーヴ、ローズマリーのクッキー。

緑を眺めながらいただくモダンフレンチは、どれも旬の素材の味を活きていて、非常に上品な味でした。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

↓ランキングに参加しています。お手数ですが1ぽちお願いします↓




にほんブログ村


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

スポンサーサイト



栗の渋皮煮
栗の渋皮煮4

今年も作りました。栗の渋皮煮

今年は母の知り合いから、ぷっくりと大きな栗をたくさんいただいたので、栗ご飯にしたり、グラタンにしたり楽しんでいます♪(o・ω・)ノ))


何度も煮こぼしてあく抜きをして、余分な渋皮や筋を取り除きながら、ゆっくり仕上げていきます。栗がコトコト煮える香りと音が、何とも言えず、秋だなぁ~なんて思ったりしてそして砂糖を煮溶かし、仕上げにブランデーをいれたら完成。

茹でこぼすのに結構時間がかかるので、渋皮煮を作る日はほとんどキッチンに居座り・・・。でも、つるんとした渋皮煮を見て、ちょっと幸せな気分

栗の渋皮煮5

真っ二つに切った図中までしっかり甘さがしみ込んで、ねっとり柔らかくて美味しい(*´∀`人 ♪

時間はかかってしまうけど、手間をかけた分だけ愛着がわいて、もったいなくて食べられない!!"(と言っているのは最初のうちだけで、結局後で食べるんですけど\(//∇//)\)

栗の渋皮煮6

そのまま食べてもいいし、タルトにしたりパウンドケーキに入れたり・・・美味しい使い道がありすぎて困るわ~


↓ランキングに参加しています。お手数ですが1ぽちお願いします↓




にほんブログ村
金柑の甘露煮
金柑4

太陽みたいにパワフルな色の金柑を見つけると作りたくなるのが、金柑の甘露煮。そのまま食べても美味しいし、ケーキに入れたり、焼き菓子を作っても美味しそう!シロップはお湯で割って飲むと喉にいいし、甘露煮を作っておくだけで色々使えてすごく便利

今回は、お酢を入れて作ってみました。お酢を入れると、砂糖少な目でも保存が効くようになるんだって!!

金柑3

金柑を洗ってヘタを取ったら、縦に5本切込みを入れて煮ます。沸騰したら弱火にして5分にて、一度煮汁を捨てて水で優しく金柑を洗います。あとは、ひたひたの水と砂糖、お酢を入れて30分程弱火でコトコト煮れば完成金柑1パックに対して、砂糖は金柑の半量程度、お酢は25CCくらい。

煮ているときはちょ~っとお酢の香りがキツいけど(笑)だんだん金柑の爽やかで甘い香りに変わってきます。

金柑5

じゅわ~っと甘くてジューシーな甘露煮。ついついパクパク食べてしまいますすぐ食べ切っちゃいそうだけど、これでケーキ作りたいって思ってるから、それまで我慢我慢・・・・・・。





にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。お手数ですが1ぽちお願いします。
抹茶白玉寒天
抹茶白玉寒3

今日は海の日!だからと言って、何も予定はないのですが・・・(笑)しっかし、暑いですね~今日も昨日も、太陽ギラギラってかんじそんな暑い日にぴったりの、寒天と白玉の和スイーツを作りました。

抹茶白玉寒。見た目は白玉あんみつっぽいんだけど、赤えんどう豆とかフルーツ、求肥は入れてないし・・・。じゃあ、これは何の料理なんだ!?まあ、とりあえず、寒天に白玉、あんこを盛ったスイーツです(笑)寒天は、抹茶とレモン風味の2種。そして、白玉も普通バージョンと抹茶バージョン。あとはあんこと、ずんだ、ドライアプリコットを盛りつけてみました。では、以下覚え書として↓↓


〈材料〉
・抹茶寒
水・・・250CC
粉寒天・・・2g
抹茶・・・小さじ1/2

・レモン寒天
水・・・250CC
粉寒天・・・2g
レモン汁・・・小さじ1/2

・抹茶白玉
白玉粉・・・90g
水・・・100CC
抹茶・・・小さじ1

・白玉
白玉粉・・・45g
水・・・50CC

・抹茶シロップ
抹茶・・・25g
砂糖・・・60g
お湯・・・75CC

①抹茶寒天を作る。水に粉寒天を入れ、火にかけて粉寒天を溶かす。火を止めたら、抹茶をふるい入れながらよく混ぜる。水でさっと濡らした器に入れ、荒熱が取れたら冷蔵庫に入れて固める。

②レモン寒天を作る。水に粉寒天を入れ、火にかけて粉寒天を溶かす。火を止めたらレモン汁を加え混ぜる。水でさっと濡らした器に入れ、荒熱が取れたら冷蔵庫に入れて固める。

③抹茶シロップを作る。ボウルにふるった抹茶と砂糖を入れ、ホイッパーで混ぜる。お湯を少しずつ加えながらよく混ぜる。万能こしきなどでこし、ビンに入れる。ビンごと冷水につけて冷ましておく。

④抹茶白玉を作る。白玉粉に抹茶、水を加え、こねる。耳たぶくらいの硬さになったらOK!6等分に分けて丸める。沸騰した湯の中に白玉を入れゆでていく。※白玉を入れてから10秒後くらいに、1度箸などで白玉を優しく転がす。白玉が鍋にくっつかなくするためです。白玉が浮いてきたら、さらに1~2分ゆで、冷水にとって冷ます。

⑤白玉を作る。白玉粉に水を加えこねる。耳たぶくらいの硬さになったらOK!3等分に分けて丸める。沸騰した湯の中に白玉を入れゆでていく。※白玉を入れてから10秒後くらいに、1度箸などで白玉を優しく転がす。白玉が鍋にくっつかなくするためです。白玉が浮いてきたら、さらに1~2分ゆで、冷水にとって冷ます。

⑥寒天を好みの形にカットし、器に盛る。さらに白玉を乗せ、お好みであんこやフルーツを飾る。抹茶シロップをかけていただく。


抹茶白玉寒4

抹茶尽くしだな~抹茶シロップはほろ苦く作っているので、甘めが好きな方は砂糖の量を増やしてくださいね。

大きな白玉もっちもちゆでたてだから、ほんのり温かくて美味しい。寒天を作って、白玉をゆでて・・・と工程は多いけれど、ひとつひとつの作業は簡単前日に寒天を作っておけば、あとは白玉とシロップを作るだけ。30分くらいでできちゃいます

抹茶白玉寒5

大きすぎて1口じゃ食べられない・・・ほろ苦い抹茶シロップに、もっちもちの白玉は相性GOOD美味しくいただきました。




にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。お手数ですが1ぽちお願いします。
ずんだ餅♪
ずんだ餅3

私の地元の夏の名物詩、ずんだ餅なんだか急に一昨日からずんだ餅が食べたくなって、作ってみました。この緑のルックス。懐かしいなぁ~

ずんだ餅4

使っているのは、枝豆、砂糖、塩。ゆでた枝豆に砂糖と塩を加えながら、すりつぶしていきます。すりつぶす作業は大変だけど、フードプロセッサーで一気に潰すより断然味がいいんです!私も小さいころ、この時期になるとおばあちゃんを手伝って、枝豆すりつぶしてたな~。

本当はだだちゃ豆のほうが味がいいんだけど、枝豆でも十分美味しい風味の良い枝豆の味が口いっぱいに広がり、あ~幸せ。でも、ちょっと砂糖が少なかったかな~。ちなみに私はあらく潰したずんだのほうが好きなので、結構適当につぶしてます写真では、そう見えないけどね。ラップにくるんで成型していたら、こんなつるんとした形になりました

ずんだ餅5

中の餅の部分は、玄米も使っているのでちょっと茶色ですね。一応、健康にも気を使ってみましたもちもちの食感に、玄米のプチプチ感が入った、なんとも不思議な食感でした。でも、懐かしい地元の味、とっても美味しかった





にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。お手数ですが1ぽちお願いします。
プロフィール

みゅーげ

Author:みゅーげ
muguet(みゅーげ)
お菓子が好き。お菓子作りが好き。可愛く、上手に写真を撮るのは難しいわ・・・

フリーエリア

💛2012年 バンホーテンピュアココアで作る愛され♥ココアスイーツレシピでグランプリをいただきました。
💛2014年4/4 トーストが主役の朝ご飯こんだてコンテストでグランプリをいただきました。
💛2014年9月 レシピブログmazagin秋号にチーズケーキのレシピを掲載しました。
powered by レシピブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (17)
はじめまして (1)
焼き菓子 (104)
ケーキ類 (24)
タルト・パイ (16)
シュー菓子 (7)
冷たいお菓子 (30)
和菓子 (13)
パン (33)
ジャム、ソース類 (3)
パンケーキ (27)
muguetの日常 (115)
America (19)
お知らせ (2)
その他 (2)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR