FC2ブログ
失敗タルト・タタン
紅玉をお取り寄せしました。10月に入ってから、スーパーに行くたび紅玉がないかと探していたんですが、11月に入っても発見できず・・・。紅玉は出回る時期が短いので、このままスーパーで見つけるのを待って時期を逃がすのもなぁ・・・と思い、お取り寄せを決意。

さっそく届いた紅玉小ぶりで真っ赤な姿が可愛い。

2019-11-13 タルト・タタン


2人暮らしなので、1番少ない3kgをチョイス。箱を開けてみて、ちょっと多いかなぁ~って思ったんだけど、すでに鶴ちゃんが結構食べたところをみると、意外とすぐになくなりそう(笑)なんでも、固めでバリッとした歯触りと酸味がきいた甘さが良いって。それは、私も同感

ということで、この時期にしか作れないタルト・タタンを焼きました。タルト・タタンというと、砂糖とバターで煮詰めたりんごを型に入れてタルト生地をかぶせて焼き上げる、りんご尽くしのフランス菓子。一説によると、タタン姉妹がりんごのタルトを作ろうとしていたところ失敗してしまい、その失敗から生まれたとも言われる、ユニークなスイーツです。りんごのうまみが凝縮していて、絶品なんですよね

でも、私はこのスイーツがどうも苦手・・・。大学の時から、紅玉の次期になる度に作ってきたけど、どうもうまくいかないほぼ毎年(去年は作らなかったけど・・・。)、スッカスカなタルト・タタンが出来上がってしまうのそして、今年こそはと挑んだ2019年・・・。

もれなく今年もスッカスカに

タルト・タタンの作り方は至ってシンプル。紅玉5個を4等分にカットして、キャラメルで煮ていきます。


2019-11-13 タルト・タタン①

だんだんと水分が飛んでりんごも良い色になってくるので、この辺で型へ入れ、タルト生地を乗せて焼成へ。

2019-11-13 タルト・タタン②

そして、1晩冷蔵庫で冷やした姿がこちら。

2019-11-13-19-17-23.jpg

あら・・・??あらら・・・??

タルト・タタンって、型の形がはっきりわかるくらいエッジがありませんでしたっけ・・・??あの、てりっとしたキャラメルの艶は・・・??今年もか----ー。゚(゚´Д`゚)゚。

焼いている間から水分??が型から漏れてきていたし、焼き上がって鉄板から型を持ち上げたときも水分がダバ--っと漏れてきていたから、嫌な予感はしていましたけど・・・。

私の求める艶とエッジがない・・・。

失敗から生まれたタルト・タタンを失敗するなんてね(笑)

カットした面を見ると、下の方はりんごがぎっちり詰まってて良い感じなんだけど、大事な表面がちゃんとくっついていない。

2019-11-13 タルト・タタン③

色々調べてみたところ、失敗の原因は

①新鮮なりんごではなかった
 →新鮮なりんごだと、ペクチンの力でちゃんと型の形を保ったエッジの効いたタルト・タタンになるらしい。
  たしかに、ちょっとしわしわになっていた物を使ったので、これはあるかも。

②煮詰め不足
 →焼いた時のダバダバした水分の出方をみると、煮詰め不足の可能性大。

③型??
 →私は底が取れるタイプを使っていたが、様々なレシピを見ると大半が底が取れないケーキ型やマンケ型を使っている。
  これも一因なのかなぁ・・・??

とりあえず、まだ紅玉は残っているからまたチャレンジしよう。それにしても、お菓子を作って失敗するって、結構な心のダメージ。失敗したってわかった時の、あの、心がズーンと沈むような感じ。私は結構気分の浮き沈みが激しい方だから、それだけで泣きたくなって、鶴ちゃんが慰めてくれることもしばしば。

味は良いのになぁ・・・。りんごの甘酸っぱさが凝縮されていて、キャラメルのほろ苦さが効いていて。う~ん、シンプルなお菓子ほど奥が深い。難しいなぁ・・・。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*



↓ランキングに参加しています。お手数ですが1ぽちお願いします↓




にほんブログ村


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-* 

スポンサーサイト



ラ・フランスのキャラメルケーキ
実家に帰ったときに買ったラ・フランスがまだあるにもかかわらず、またラ・フランスを大袋で買ってしまいました1袋に8個くらい入っていて、298円という格安だったからつい(笑)それに、まだ固そうだったから日持ちはしそうだったし、もし柔らかくなって食べきれなくてもジャムにしたらいいかな~って。というわけで、ラ・フランス祭りになっている我が家です。

買ったその日にに半分をコンポートにしておいたので、日曜日にそれを使ってパウンドケーキを焼きました。

2019-11-11 ラ・フランスのキャラメルケーキ

パウンドケーキ焼くの、本当に久しぶり!!最近はタルトばっかりだった気がします。寒くなってくるとタルトも焼きやすくなるけど、たまにはパウンドケーキも良いですね

ケーキの生地は、基本に立ち返り薄力粉、グラニュー糖、バターを同量に。卵だけは、半端に余らせたくなかったので2個使用しました。コンポートはキャラメリゼして、キャラメルとコンポートを分けて冷ましておきます。

生地を型に入れる直前に、分けておいたキャラメルを加え大きく2~3回大きく混ぜ、マーブル模様にしてみました。そして、カットしたコンポート乗せて焼成。

2019-11-11 ラ・フランスのキャラメルケーキ②

180℃で50分。だんだんと甘い香りがキッチンに漂ってきたところで焼き上がり。コンポートをのせたので、膨らみは悪いですが・・・。

2019-11-11 ラ・フランスのキャラメルケーキ①

マーブルが下手でも、まあ大事なのは味だから(笑)

食べてみると、ケーキの甘さの中にキャラメルのビターなテイストが際だっていて美味しい!!鶴ちゃんにもおやつに出したら、「美味ししいね」と言ってくれたので満足まんぞく(*´∀`人 ♪

ラ・フランスの華やかな味わいと、キャラメルのほろ苦い香りが秋らしい、秋のパウンドケーキでした。    

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*



↓ランキングに参加しています。お手数ですが1ぽちお願いします↓




にほんブログ村


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*            
いくらと、はらこ飯。
2019-11-10 いくらの醤油漬け

先日実家へ帰った時に、伯母さんが作ってきてくれたいくらの醤油漬け。この時期、生筋子が出回りますからね。新米にたっぷりかけていただいたんですが、すっごく美味しかったぁ~ちなみに、いくらは私の大好物あったかご飯にかけても、イクラの軍艦も、いくら丼も、とにかく愛してやまない、大好きで仕方ないいくら!!伯母さんに触発されて、自分でもいくらの醤油漬けを作ってみました。

レシピは、こちらを参考に→イクラ醤油漬けレシピ。失敗しない生筋子のほぐし方を徹底解説!

今回の主役、生筋子ドーン!!!

2019-11-07 いくらの醤油漬け

生筋子を買って自分で漬けるのは初めてなので、ドキドキ。まずは40℃くらいのお湯に塩を入れたものに生筋子を浸し、卵を筋から取っていくんですが・・・。私のやり方が悪いのか、これがなかなか取れない力を入れると卵潰しそうだしなぁ・・・と、最初は優しい力でほぐしていたんですが、なかなか取れないのでちょっと力を入れたら少し卵が潰れてしまった結構難しい・・・。

そして、これが卵を筋から外した状態。

2019-11-07 いくらの醤油漬け①

水を変えながら10回くらいよく洗い、この状態になりました。そしたら水分をよく切って、調味液に漬け込んでいきます。筋を取りきったら卵がオレンジ色になってしまって心配したんですが、水分を切っているうちに赤色に戻ってきて一安心。

2019-11-07 いくらの醤油漬け②

今回は、生筋子の量が多かったので、調味液も2倍で。1晩冷蔵庫に入れて味をしっかり染みこませてから、念のため、アニサキス対策として48時間しっかり冷凍しました。

できあがった、キラキラルビー色のいくら

これをどうするかというと・・・

この時期に美味しい秋鮭を使った、はらこ飯にしました

2019-11-11 はらこ飯

メニューは
・はらこ飯
・けんちん汁
・大根と手羽先の煮物
・菊のおひたし
・きのこサラダ

自画自賛ですが、自家製のいくらって本当に美味しい~!!ぷちっとはじけて、とろっとした濃厚な舌触り。そして、鮭を煮た煮汁で炊いたご飯と相性ばっちり!はらこ飯美味しい!いくらたっぷりで幸せ~

贅沢な日曜日の夜ご飯でした

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*



↓ランキングに参加しています。お手数ですが1ぽちお願いします↓




にほんブログ村


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
あんこを炊く。と、小倉トースト
2019-11-07 小倉トースト

洋菓子はもちろん、和菓子も大好きな鶴ちゃん特にあんこが好きで、よくスーパーでおはぎを買っては美味しそうに食べています。で、先日も幸せそうにおはぎを食べていたので、「そんなに好きならあんこ作ってあげようか・・・?」と言うと、目をキラキラさせながらすぐさま「うん!!」という返事が(笑)

ということなので、さっそく小豆を買ってきてコトコト炊きました。せっかくなので、ちょっと良い北海道産の大納言を使って

私のおばあちゃんがあんこ好きで、昔はよく、この時期~冬にかけてあんこを炊いていました。ストーブの上に鍋を置いて、コトコト煮ていくんですよね。たまに、かぼちゃも一緒に炊いて小豆かぼちゃにしたり。ストーブの火で部屋が暖まって、ほっこりした香りが部屋の中を包んで・・・。それが我が家の秋冬の光景でした。

今回作ったあんこは、そんな、おばあちゃん譲りのあんこなのです

まずは、綺麗に洗った小豆を1晩水につけたら、鍋に小豆とひたひたの水を入れ、強火にかけます。

2019-11-06 あんこ

2019-11-06 あんこ①

沸騰したら小豆をザルにあけて水気を切り、再度新しい水を入れて強火にかけます。この行程を2回行い、あく抜きをします。

あく抜きが終わった小豆を鍋に戻し、かぶるくらいの水を入れて強火にかけます。沸騰したら弱火にして、指で豆を簡単に押しつぶせるくらいの柔らかさになるまで煮ます。途中、水が足りなくなったら差し水をし、常に豆が水に浸かっている状態を維持します。

2019-11-06 あんこ②

2019-11-06 あんこ③

茹であがった小豆をザルにとり、軽く水を切ります。

2019-11-06 あんこ④

鍋に小豆と上白糖を入れて中火にかけ、絶えずヘラで混ぜながら煮詰めていきます。上白糖は小豆と同量です。今回は小豆300gだったので、上白糖も300gで。水分が飛んで、あんがぽってりとしてきたら完成です。

できあがった熱々のあんこをさっそく味見した鶴ちゃん

実は鶴ちゃんおじいちゃんが和菓子職人で小さい頃からプロのあんこを食べていたらしいので、素人のあんこはどうかなぁ~とドキドキしながら出したのですが・・・。

「美味しいッ!!」と言いパクパク食べてくれたので一安心(笑)やっぱり炊きたてのあんこは瑞々しくて美味しいよね

2019-11-07 小倉トースト①

初日は炊きたてのあんこを堪能して、そして、次の日の朝ご飯はこれ!!小倉トースト

2019-11-07-20-28-50.jpg

近所にある美味しいと評判のベーカリーで食パンを買ってきて、バタートーストに。あんこをたっぷりのせたかったので、厚切りにしました。それにあんこを乗せていただきます!!

この食パンが本当に美味しくて、外側がサックリ、中はもっちり。そこにほっこりした甘さのあんことバターの香りで、朝から幸せ鶴ちゃんも、この小倉トーストを食べて元気に仕事へ行きました

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*



↓ランキングに参加しています。お手数ですが1ぽちお願いします↓




にほんブログ村


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
タルト・オ・ポワール
2019-10-31 タルト・オ・ポム①

先日作ったラ・フランスのコンポートの行く先は、タルト・オ・ポワールでした洋なしとアーモンドクリームを使った、オーソドックスだけどこの時期にぴったりのタルト。実は、高校生の時に買ったお菓子の本にタルト・オ・ポワールが載っていて、ずっと作ってみたいなぁと思っていたの。でもなかなか作る機会がなく、実に約10年越しのスイーツなのです

9月に作ったタルトの2番生地を冷凍していたので、タルト生地にはそれを使って。(その時の記事はこちらから→ローズなピーチタルト

パート・ブリゼをタルト台に敷き詰めたらクレーム・ダマンドを詰めて、コンポートをのせていきます。コンポートは半割にして種の部分を取り除き、表面に切り込みを入れてあります。それにしても、コンポートがすごくもっこりしてる

2019-10-31 タルト・オ・ポム

そして、180℃に予熱したオーブンで40分焼成。仕上げに、コンポートを作ったときのシロップとゼラチンでジュレを作ってタルトに塗ったら完成です!!

焼いたらクレーム・ダマンドがあふれ出してきてしまった・・・。

2019-10-31 タルト・オ・ポム②

タルト・オ・ポワールの焼き上がりを心待ちにしていた鶴ちゃん。コーヒーと一緒におやつに出すと、「美味しい!!」っとあっという間に2切れ食べてくれました作り手としては本当に嬉しい(*´∀`人 ♪

ブランデーを混ぜたクレーム・ダマンドはこっくりとした濃厚な味。そこに、上品で甘美な香りのラ・フランスが相まって、実にフルーティーでコクのある味わいになっています。

缶詰だと1年中作れるけど、自家製コンポートで作るタルトは、この時期だけの期間限定。それだけで、なんだか特別感が増してくるような気がします。だから、季節のフルーツで作るスイーツが好きなんですよね

cookpadにもレシピをupしました。よければ遊びに来てください

タルト・オ・ポワール

ラ・フランスのコンポートもupしています。

ラ・フランスのコンポート







*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*



↓ランキングに参加しています。お手数ですが1ぽちお願いします↓




にほんブログ村


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
プロフィール

みゅーげ

Author:みゅーげ
muguet(みゅーげ)
お菓子が好き。お菓子作りが好き。可愛く、上手に写真を撮るのは難しいわ・・・

フリーエリア

💛2012年 バンホーテンピュアココアで作る愛され♥ココアスイーツレシピでグランプリをいただきました。
💛2014年4/4 トーストが主役の朝ご飯こんだてコンテストでグランプリをいただきました。
💛2014年9月 レシピブログmazagin秋号にチーズケーキのレシピを掲載しました。
powered by レシピブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (18)
はじめまして (1)
焼き菓子 (106)
ケーキ類 (24)
タルト・パイ (18)
シュー菓子 (7)
冷たいお菓子 (31)
和菓子 (14)
パン (33)
ジャム、ソース類 (3)
パンケーキ (27)
muguetの日常 (115)
America (19)
お知らせ (2)
その他 (2)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR