FC2ブログ
プラムとカスタードの型なしタルト
先日作ったタルトの2番生地を使って、型なしタルトを作りました。タルト型に敷き詰めて作るタルトもいいけど、型を使わないと、型くずれしても端がゆがんでいても、それなりにラフにかっこよく、手抜きしてもしていないように仕上がるのが高ポイント上手に伸ばせなくても、まあいっかと気軽に構えて作れるんですよね(笑)それに、季節のスルーツをたっぷり使ったタルトは形がどうであれ美味しいですからね

プラムとカスタードの型なしタルト③


プラムは焼くと酸味が増すという経験を以前していたので、(ちなみにそのと時の記事はこちら)甘みをプラスするためにカスタードクリームを炊いておきました。

丸くのばした生地にカスタードクリームを乗せて、

プラムとカスタードの型なしタルト

ちょっと生地が大きすぎた気もしますが・・・


さらにプラムをぎっしり詰めて生地の端をなみなみに成形。

プラムとカスタードの型なしタルト①

完熟のソルダムを使ったので、実が真っ赤。
ちなみに、ソルダムはプラムの一種で、スーパーでよく見る大石プラムが淡泊なクリーム色なのに対してソルダムは濃い鮮紅色が特徴。完熟のソルダムは、果汁がたっぷりで甘さ、かすかな酸味が美味しいですよね(´∀`*)

プラムとカスタードの型なしタルト②

最後に、180度に予熱したオーブンで40分ベイク。30分くらい経つと、プラムからあふれ出た果汁がじゅうじゅう言って、これだけで食欲が増してきます(笑)40分かけてじっくり焼いたらできあがり

さっそくコーヒーを入れてティータイムです

プラムとカスタードの型なしタルト④

ちょっとカスタードが少なかったかなぁ・・。理想では、カスタードがとろっと出てくるはずだったんだけど・・・。でも、まあ、この方が切りやすいっちゃ切りやすい(笑)

食べてみると、やっぱりソルダムの酸味増してる-(>_<)カスタードがある分いくらかは和らいでるけど、甘味好きとしてはもっとカスタードを入れて甘くした方が良かったかなぁ。

それにしても、タルトの醍醐味は、タルト生地のざくざく感だと思う。フィリングも大事だけど、ザクッとした歯触りが好きで好きで、お菓子屋さんで買ったタルトが果汁とかでペッシャってなったらすごく悲しくなるくらい。゚(゚´Д`゚)゚。ちなみにこのタルトも、ずっとおいておくと、カスタードの水分とソルダムから出た果汁でタルト生地がふにゃふにゃになってしまうので、2日で食べきりました(笑)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*



↓ランキングに参加しています。お手数ですが1ぽちお願いします↓




にほんブログ村


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
スポンサーサイト



ローズマリースコーン
ローズマリースコーン⑦


休日の朝ご飯は、パン、パンケーキ、スコーンやマフィンと、美味しいコーヒーやお茶が好き特にスコーンは、シンプルなプレーンスコーンにジャムをつけて食べるイギリス風や、チョコやフルーツを入れて焼き上げるアメリカ風が好き。朝食にもぴったりですよね!ということで、先日作った朝食用スコーンです。いつもスコーンを作るときは甘くしているんだけど、今回は甘さ控えめ。そして、なんとかローズマリーを消費したくてロースマリー入りにしました。

ローズマリーといえば、肉料理に使われることの多いハーブですよね。独特の強い香りが肉の臭みを消してくれるのですが、どんな料理にも上品な香りをプラスしてくれる優秀食材なんです!普通のスコーンにローズマリーを入れるだけで、ちょっとおしゃれに変身

スコーンは簡単に作れるので、さあ作るぞって意気込まなくていいから楽なんですよね
まずは、薄力粉180g、グラニュー糖25g、塩小さじ1/2、ベーキングパウダー小さじ1、無塩バター50g、ローズマリー適量を入れたら

ローズマリースコーン

手でこすり合わせるように混ぜ、粉チーズ状にポロポロにします。

ローズマリースコーン①

溶いた卵1コ、牛乳75ccを入れて、ゴムべらでさくさく切るように混ぜていけば

ローズマリースコーン②

ちょっとべたついた生地の完成です。

ローズマリースコーン③

あとは、大きめのスプーンで生地を落とし、180度に予熱したオーブンで30分焼くだけ!半分に飾りのローズマリーをつけてみました

ローズマリースコーン④

焼いている途中から甘い香りと、ローズマリーのさわやかな香りが漂ってきて、もう早く食べたい!!

ローズマリースコーン⑤

焼き上がりお腹もぺこぺこなことだし、美味しいコーヒーとフルーツを用意したら、早速いただきいます!!

ローズマリースコーン⑥

早速と言いつつ、焼き上がりから少し時間が経ってしまったので、バターがなかなか溶けない(笑)

外側はざくざく、水分が多いので、中はほんわりとした仕上がりになりました。いつも焼く強力粉入りのスコーンもざくざくしているけど、それよりも強め。そして、しっとり感もこっちのほうがあるかな。個人的に、ローズマリーはもう少し少なくてもよかったかも・・・9

今日のスコーンといつもの強力粉のスコーンどっちがいい?と聞いてみたら、間髪入れずに今日のほう!と言われたので・・・。
今後はスコーンと言ったらこれになりそうです。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*



↓ランキングに参加しています。お手数ですが1ぽちお願いします↓




にほんブログ村


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
ネクタリンのタルト
ネクタリンのタルト⑤

毎日暑いですね~夏なんだから仕方ないけど・・・。毎日暑い暑いって言ってる気がします(笑)

それにしても、台風心配ですね・・・。被害が大きくなければいいけど(´・ω・)台風が去った後は関東もまた酷暑みたいで・・・。まだまだ暑い日は続きそうですね

でも、この時期に美味しいのが夏のフルーツ!桃、ネクタリン、すもも、アプリコット、ラズベリーにブルーベリー・・・。夏らしいパリッとした色合いのものが多いように思います。特に桃やネクタリン、アプリコットみたいなバラ科のフルーツが大好きなので、スーパーで見つけると、どうやって食べようかわくわくしますもちろん、メロンやすいか、ぶどうも大好きですけどね(´∀`*)

そんなわけで、最近はフレッシュな果物を出来るだけ買って食べる毎日。実家に居たときは、ご近所さんからもらったり産直で朝取れのフルーツをたっぷり安く買えたりしたけど、都内にいるとそういうことが出来ないのが難点・・・。でも食べたいから結局買うんですけどね(笑)

で、今日はネクタリンを使ったベイクドタルト!!真夏の盛りにオーブンを使うのも何だかなぁ~という感じですが、でもこの時期にしか食べられない期間限定タルトです

ネクタリンは、つるんとした質感の小さなりんごみたいな実がかわいらしいですね桃のような香りと、さわやかな酸味、熟すとたっぷりの果汁と濃厚な甘みが大好きなんです(*´∀`人 ♪

ネクタリンのタルト②

アーモンドクリームとネクタリンをタルト生地に入れて焼き込んだ、素材の味を味わうシンプルなタルトです。

まずはパート・ブリゼを作ってたタルト型に敷き込み。今回は気まぐれで、12cmのタルト型に。よく使っていた大きいタルト型で豪華に焼いても良いかなと思ったけど、ネクタリンの可憐さに合わせて小さな型をチョイス。

ネクタリンのタルト①

そしてブランデーで香り付けしたアーモンドクリームを敷き込み、8等分にカットしたネクタリンをON

ネクタリンのタルト③

それぞれ違う表情になるように、並べ方を変えてみました。
最後にグラニュー糖をパラパラ~とふりかけ、180度のオーブンで40分焼きました。

ネクタリンのタルト④

焼き上がり~焼き上がりはアーモンドの香ばしい香りとネクタリンの甘い香りがたまらんッ!!

ネクタリンのタルト⑦

ネクタリンって焼くと赤味が消えてパープルっぽい色になるのね・・・。昔プラムのタルトを焼いたときに、色があせるどころかむしろ赤味がましたことがあったから、ネクタリンも同じ感じになるかなと思ってたけど・・・これは、新しい発見そして、ちょっと酸味がました気がします。でも、その酸味がアーモンドクリームの濃厚な甘さとあって美味しい!!

カット面はこんな感じ。ネクタリンから出た水分が相まって、すごくしっとりとした口当たりでした。

ネクタリンのタルト⑥

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*



↓ランキングに参加しています。お手数ですが1ぽちお願いします↓




にほんブログ村


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

今日はお盆休みと言うことで、早起きしてモーニングを食べに行ってきました。

ル・パン・コティデアン

2年前くらいに1度行って、是非また行きたいと思っていた、芝公園の「ル・パン・コティディアン」
ベルギー初のベーカリーレストランで、有機栽培の小麦粉で、伝統的な製法で作られるパンがメインのお店です。

いただいたのは、3種のパン、オレンジジュース、コーヒーor紅茶がついてくる「プティ・デジュネ」

ル・パンコティディアン①

パンは、ちょっと酸味のあるウィートブレッド、バゲット、パン・オ・ショコラ。

しかも、6種類のジャム・スプレッドがつけ放題マーマレード、ストロベリー、ブルーベリー、チョコ、ホワイトチョコ、ヘーゼルナッツスプレッドから、私はホワイトチョコ、ヘーゼルナッツスプレッドとブルーベリージャムをセレクト。どれもすごくパンにあって美味しかったです!!

ウッディで落ち着いた空間で、非常に優雅なモーニングでした
レモン風味のブランデーケーキ
ちょっと仕事が忙しいなぁ~と思っていたら、いつの間にかこんなに時間が経っていたんですねその間、お菓子作りの熱が冷めていたこともあって・・・と言っても、たま~に気が向いた時は作ってはいたんですが、ブログのほうはさっぱりでした(´・ω・)

そんなこんなで放置していたんですけど、自分の時間を作れるようになったので、またlぼちぼちお料理ブログ始めていこうかなと思います♪(/・ω・)/ ♪

レモン風味のブランデーケーキ⑤

さてさて、放置後一発目のお菓子は、ブランデーケーキ!!連日この暑いのに焼き菓子か・・・っていう感じですけど(笑)
ちょっと前に買ったレモンピールを消費したくってねついでにうちにブランデーもあったので、ブランデーケーキになりました。

ブランデーケーキの魅力っていうと、ずばり大人が楽しめるスイーツであること!!お酒好きにはたまりませんね(*≧∪≦)ブランデーの芳香な香りがふわ~と広がるのがたまらないんですよね

ベースとなるケーキはパウンドケーキ。なんですけど、1番オーソドックスな作り方である、クリーム状にしたバターに砂糖や卵を混ぜ込んでいく共立て法ではなく、ジェノワーズ法という、共立て法よりもふわっと軽く仕上がる方法で生地を作りました。

焼き上がりは、パウンドケーキとは思えないくらいふわふわ~(*´∀`人 ♪
そこに、たっぷりのブランデーをしみこませて仕上げました。ブランデーの芳香な香りの中に、レモンのさわやかなほろ苦さが美味しい、薫り高いケーキになりました

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
レモン風味のブランデーケーキ

卵…2個
●グラニュー糖…60g
●はちみつ…30g
無塩バター…100g
ブランデー…大さじ2
○薄力粉…120g
○ベーキングパウダー…小さじ1/2
レモンピール・・・80g

仕上げ用
ブランデー・・・大さじ3


〈下準備〉
・○はあわせてふるう
・バターは湯煎で溶かしておく
・レモンピールを刻み、ブランデーを振りかけておく

〈作り方〉
①ボールに卵を入れてときほぐし、●を加えてまぜる。
②ボールを湯煎にかけながらハンドミキサーの高速で混ぜる。生地が人肌程度に温まったら湯煎からはずし、白っぽくもったりとするまでさらに混ぜる。
③溶かしたバターに②をひとすくい入れて混ぜる。
④②に③とレモンピールを加え、よく混ぜる。
⑤○を加え、ゴムベラでそこから生地をすくうように、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。

レモン風味のブランデーケーキ④

⑥型に入れ、180度のオーブンで40分程度焼く。串を刺してみて何もついてこなければ焼き上がり。すぐに型からはずす。

⑦ケーキが熱いうちに仕上げ用ブランデーを打ち、冷めたらラップでぴっちりくるみ保存する。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

ケーキが冷めてしまうとブランデーがしみこまずびちゃびちゃした食感になってしまうので、必ず焼き上がってすぐの熱いうちにブランデーを打ってくださいね。熱々のうちだと、面白いくらいにブランデーを吸い込んでくれますよ

ジェノワーズ法で作ったので、見た目はパウンドケーキというより、どちらかというとカステラみたいな感じ。食感も、パウンドケーキ特有のどっしりした感じはなく、これまたカステラみたいにふわふわ~

レモン風味のブランデーケーキ③


冷めてからすぐにケーキを食べるのも良いけど、じっくり寝かせて熟成させるのがおすすめ!出来たてはアルコールの香りがツンッと感じるけど、ブランデーをしみこませてから寝かせて熟成させることで、日に日に香りと味がまろやかになっていきます。日持ちもするので、少しずつ食べて変化を楽しむのも楽しいですね

こんな感じで、またぼちぼち続けていこうと思っています(。>ω<。)ノ

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*



↓ランキングに参加しています。お手数ですが1ぽちお願いします↓




にほんブログ村


パイアート
パイアート6

最近パイアートというものが流行っているらしい、ということをネットを見て知りました。パイアートとは、パイ生地を編み込んだりカットしたり、クッキー型でくり抜いたりして、パイを可愛らしくアーティスティックにデコレーションしたもの。ネットで検索したらたくさんの可愛らしくスタイリッシュなパイアートが出てきて、私もなんだか作りたくなっちゃいました

ちょうど年末だし、うちにたくさんりんごがあるし、みんなで食べるようにアップルパイを作ろうかと考えていたところだったので、さっそくパイアートにチャレンジしかし、私はそこまで手先が器用ではないので、ネットで見るようなお花がたくさん散らばっていたり三つ編みが複雑に編み込まれているようなものは無理!!どうしようか……(´・ω・)

と少し考え、作ったことのあるりんごのバラと、単純な三つ編みで飾ることに決定。なれないことして失敗するのは嫌だからね

パイアート9

用意したのはこの2種類の煮りんご。1つは大きめにカットしてグラニュー糖とレモン汁で煮詰めたもの。もう1つは、薄くスライスしてレンジにかけたもの。どちらも紅玉で作ったから、可愛らしいピンク色に染まっています

パイ生地は作っている時間が無かったので市販のものを使いました。パイ生地を常温において柔らかくしたらタルト型に張り合わせ、作っておいた煮りんごをのせます。ここからがパイアート開始

パイアート7


薄くスライスしたほうのりんごをくるくる巻き、バラ型に成形してタルト型の半分に設置。バラのないほうには、格子状に細く切ったパイ生地を置き、さらに型に沿って三つ編みにした生地をぐるっと半周載せました。あとは、バランスを見つつ、アラを隠しつつ(笑)ハート形にくり抜いた生地をのせて完成

パイアート8

焼き上がり甘酸っぱいりんごのいい香りが部屋いっぱいに広がります。

ハート型が膨らんでよくわからない形になりましたが……初めてのパイアートにしては上出来じゃあないでしょうか!!


さてさて、2017年も今日で終わり。今年は全く更新できませんでしたが来年もおそらくこのような状態になるのではと思います。それでも来てくださった方には大変感謝しています。

では、よいお年を。
プロフィール

みゅーげ

Author:みゅーげ
muguet(みゅーげ)
お菓子が好き。お菓子作りが好き。可愛く、上手に写真を撮るのは難しいわ・・・

フリーエリア

💛2012年 バンホーテンピュアココアで作る愛され♥ココアスイーツレシピでグランプリをいただきました。
💛2014年4/4 トーストが主役の朝ご飯こんだてコンテストでグランプリをいただきました。
💛2014年9月 レシピブログmazagin秋号にチーズケーキのレシピを掲載しました。
powered by レシピブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (17)
はじめまして (1)
焼き菓子 (113)
ケーキ類 (26)
シュー菓子 (7)
冷たいお菓子 (30)
和菓子 (12)
パン (30)
ジャム、ソース類 (3)
muguetの日常 (115)
パンケーキ (27)
America (19)
お知らせ (2)
その他 (2)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR